三重大学医学部附属病院 成島 三長 先生

研修先を悩まれている皆さんへ

試験勉強に部活にプライベートに忙しい医学部学生生活。研修先を決めなくてはと重い腰を上げたものの…どこに見学に行くか?同じ診療科でも病院によってカラーが違いそう!見学に行ったらそこで決まってしまうのか?!…気づいたらX月、焦っている方もいるかもしれません。そんな皆さんに、お話します。
実は私も悩んでいました!医学部6年が終わる間際まで。そんなとき三重大学の耳鼻科の先生が相談にのってくれて、まだ初期研修プログラムの無かった三重大学医学部附属病院で耳鼻科と麻酔科を半年ずつ研修させていただいたのち、さらに、済生会松阪総合病院で外科・内科・整形外科を中心に婦人科・口腔外科・脳神経外科などをたった一人の研修医として自分で組ませていただいたプログラムで幅広く一年間研修させていただきました。今思えばこの状況は図らずも今のMMCを先取りした初期研修となっておりました。
この初期研修で幅広い知識と多くの手技を学び、進むべきか悩んでいた形成外科医師への道を歩むため、東京大学医学部形成外科に入局しました。入局後は福島県立医科大学で形成外科の大学病院らしい高度な治療を研修し、また名古屋の第一赤十字病院では救急を含めた形成外科医としての基礎を学びました。その後は東京大学医学部附属病院で、0.5㎜以下という非常に細い脈管を吻合するスーパーマイクロサージャリー技術を習得し、さらなる医療の発展のため神経の即時機能再建を目指してイカの巨大軸索を使った研究を進めておりました。
そして2017年4月。三重大学医学部附属病院に形成外科学講座が新設され、縁あって三重大学に形成外科医として戻ることができました。形成外科は“カタチと機能を取り戻すため”に、固定概念にとらわれず最新の技術や知識を駆使して最良の治療を追求するとても先進的な分野です。常に新しいアイディアを考え続ける必要があり、その基盤として初期研修で学んだ様々な科での幅広い知識と経験が今生かされていると感じています。私自身が違った科の多くの先生に教えていただいたことを、今度はみなさんに同じように持てる知識と技術をお伝えしたいと思っています。どの科に進むかは関係ありません。大丈夫です。
どんな科に進むべきか悩んでいるみなさん!三重MMCではどこの病院でも各病院単位ではなく三重全体ですべての科の情熱を持ったスーパーエキスパートがあなたの未来をサポートしてくれます。まずは三重MMCであなたの医師としての基盤を固めて世界に打って出てはいかがでしょうか?扉はすぐそこです。待っています!。

経歴
2001年 5月9日三重大学医学部耳鼻咽喉科研修医
2002年 4月1日済生会松阪総合病院 研修医
2003年 4月1日福島県立医科大学 形成外科 医員
2004年 4月1日名古屋第一赤十字病院 形成外科 医員
2005年 4月1日東京大学医学部附属病院 形成外科 医員
2007年 4月1日東京大学医学部附属病院 形成外科 助教
2013年 3月1日東京大学医学部附属病院 形成外科 特任講師
2015年11月1日東京大学医学部感覚・運動機能医学講座 形成外科学 講師
2017年4月1日より現職

所属学会
日本形成外科学会(専門医試験作成委員)
日本血管腫血管奇形学会(理事 事務局長)、
日本末梢神経学会(評議員)
日本マイクロサージャリー学会(評議員)
日本オンコプラスティックサージャリー学会 日本手外科学会
日本神経科学学会 日本創傷外科学会  日本リンパ学会
日本静脈学会 日本顔面神経学会 日本形成外科手術手技学会  日本シュミレーション学会
日本抗加齢医学会 日本再生医療学会
Fellow of American College of Surgeons (FACS)
European conference on supermicrosurgery (Faculty)
World Society of Reconstructive Microsurgery (International Faculty)

 

トルコでのライブサージャリー

 

海外形成外科医による学生講義

 

国際イカ学会2015ワークショップでの実演

 

顕微鏡4台による下肢リンパ浮腫治療