三重大学大学院医学系研究科名張地域医療学講座助教 橋本修嗣 先生

「いくつになっても学び続けることができる医師という職業」

みなさん、こんにちは。
三重大学大学院医学系研究科名張地域医療学講座助教として名張市立病院総合診療科で勤務している橋本修嗣です。
私は三重県名張市で育ち、平成15年に京都大学を卒業しました。複数の診療科をローテートするスーパーローテート研修が義務化されたのが平成16年ですので、諸先輩方や同級生の多くは卒後1年目から各専門科の医師として活躍している時代でした。
大学卒業を間近に控えた時にどの診療科に進もうか悩みましたが、医師として幅広い知識を身につけてスタートを切りたいと思うようになり、当時はまだ少なかったスーパーローテートが出来る病院での初期研修を選択しました。思い返せばこの頃から、診療領域を医療者側の都合で決めるのではなく、患者さん側のニーズに合わせて柔軟に対応したいという想いが芽生えていた気がします。
初期研修を修了した後は特定の専門科に進もうと考えていたのですが、患者さんに生じたあらゆる問題をバランス良く対応しようとする総合内科の奥深さと魅力に惹かれ、総合内科の後期研修医として内科各科をさらにローテート研修しました。
総合内科の後期研修では多様な内科疾患に数多く関わる機会を得ることができました。そんな中、高齢化が進む社会に対して救急集中治療の現場から医療の意味を見つめ直してみたいという想いや、どんなに切羽詰まった状況でも冷静に対応出来る診療能力を身につけたいという考えを持つようになり、救急の道に進むことを決意しました。
救急医療に深く関わるとまた違う世界が見えてくるもので、救急疾患は患者さんの日常生活の中に生じていることを強く意識するようになりました。患者さんの生活の一番近くで必要とされる診療能力を身につけたいと思うようになった頃には、医師人生も10年が過ぎていました。さすがにこの歳になって、新しいことを1から学ぶのはいかがなものかという想いもありましたが、生まれ育った三重県で心良く研修を受け入れていただけることになり、家庭医療学の研修プログラム(新専門医制度では総合診療専門医の研修制度に移行予定)で人生2度目の後期研修に挑戦しました。総合診療という性質上、様々な診療科と関わる機会も多くありますが、三重の医療を少しでも良くしたいという想いで臨床、教育、研究に関わっておられる先生方が数多く、非常に働きやすく感じています。自分を育ててくれた街で多様な医療ニーズに恩返しできる医師生活はやりがいに溢れています。
皆さんの中には、興味を持った研修に迷いや不安を持つ方もおられるかもしれません。でも、そんな心配は不要です。医師人生はいくつになっても新しい学びにチャレンジすることができるからです。この三重で、今あなたが一番興味を持っている研修に飛び込んでみませんか?

 

橋本修嗣 M.D.

<主な資格>
日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医・指導医
日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本航空医療学会航空医療医師指導者
日本DMAT隊員
JATECインストラクター
ICLSインストラクター・コースディレクター
一級小型船舶操縦士
特殊小型船舶操縦士

<略歴>
2003年3月 京都大学医学部医学科卒業
2003-2005 天理よろづ相談所病院(初期研修)
2005-2008 天理よろづ相談所病院総合内科(後期研修)
2008-2011 浦添総合病院 救命救急センター/救急総合診療科 医長
2011-2012 八戸市立市民病院 救命救急センター 内科医長
2012-2013 済生会八幡総合病院 救急医療センター 医長
2013-2016 三重大学家庭医療学研修プログラム
2016-   現職

名張市立病院総合診療科の活動はコチラhttps://www.facebook.com/nabarisoushin2017/

三重大学総合診療ネットワークの活動はコチラ
http://www.hosp.mie-u.ac.jp/soshin/